妊娠線で悩んでいるならクリームを塗ろう!

お腹

妊婦特有のコンプレックス

ウーマン

予防や改善の方法

女性は妊娠をすると急激にお腹が大きくなるため、スイカやメロンの皮の模様のような妊娠線ができやすくなります。一度できてしまうとお腹が大きくなるにつれて線は増えていくので、予め予防や正しいケアをしておかなくてはいけません。クリームやオイルでお腹を保湿して妊娠線の予防を行うのが基本的な方法ですが、効果的な製品を使用しなければ効果が薄れてしまいます。今は妊娠線予防やケアに有効な成分が含まれている保湿クリームやオイルが販売されているので、普通の保湿製品ではなく専用の製品を選ぶようにしましょう。又、妊娠中は体重が増加しやすくなりますが、妊娠線ができ難い身体にするために産婦人科の先生に指導された体重を維持しておくことをお勧めします。有効な保湿クリームやオイルを購入しても、適当に塗っていては意味が無いので、正しい塗り方を知っておくことが大切です。まず適量を手に乗せ、お腹全体に円を描くように優しく塗り、摩擦でお腹を温めながら両手で広げていきましょう。下腹部やわき腹など、広い範囲に満遍なく塗ることが大事なので、クリーム又はオイルの使用量が多くなっても問題ありません。予防製品は妊娠初期から塗り始め、最初は朝晩の2回程度にしておき、妊娠後期になるにつれて回数を増やしていって下さい。夜にクリームやオイルを塗る際は、なるべくお風呂から上がって身体が温まっている状態の時にしておいた方がいいでしょう。効果的な製品で正しい塗り方を継続し、回数や塗る時間を気を付けていれば妊娠線ができる可能がかなり低くなります。