妊娠線で悩んでいるならクリームを塗ろう!

お腹

ケアを続けて防ぐ

化粧品

毎日優しくマッサージ

妊娠してお腹が目立ってくると妊娠線に注意するようになります。妊娠線はステロイドホルモンが多く分泌されて、肌のターンオーバーを抑制します。代謝が低下するので乾燥状態になりできやすくなります。それに体が大きくなっていき肌が伸びる事も重なりできてしまうものです。お腹だけではなく乳房や太腿などにもでき、消える事はないのでやっかいなものです。妊娠線はできる限り作りたくないものですが、しっかりケアする事で予防ができます。主な方法は妊娠線用のクリームでマッサージする方法です。適量を手に取り、手の温度で温めて伸びやすくします。量は少ないと効果が減少してしますので、必要な量をしっかり使う事が大切です。また皮膚に良く浸透する様にと強い力で行わないことも重要です。強い力で皮膚を傷付けたり、お腹の場合は張りを起こしてしまう事にもつながるので注意しましょう。クリームを使用する回数は、1日2回は塗る事です。朝と夜といったように使用したり、可能であれば昼も取り入れて1日3回にすると肌を乾燥させずに済みます。夜は入浴後に設定するとより浸透しやすくなるので効果的です。妊娠線は臨月にできてしまう事が多いですが、ケアは臨月になって始めるのではなく初期から行う事が大切です。体の各部分が大きくなるにつれて、クリームの量を増やして丁寧にケアしていきます。専用のクリームで毎日忘れずに継続していくことが、妊娠線を防ぐポイントになります。