妊娠線で悩んでいるならクリームを塗ろう!

お腹

保湿効果の高いものを

お腹

安全性と香りもポイント

ママの勲章とも言われる妊娠線ですが、出来れば出て欲しくないと願う女性は少なくありません。妊娠線を予防する上で重要になるのが保湿です。クリームやオイルを毎日数回塗布するのが一般的な予防方法になりますが、何を使っても同じ効果が得られるわけではありません。適切なケアを行うためには、主に二つのポイントを押さえたものを選ぶ必要があります。まずは予防の目的とも言える保湿力。ここは絶対に妥協してはいけません。毎日コツコツケアしていても、肌を十分潤すことが出来なければ妊娠線を予防するのは難しいからです。保湿成分が配合されているのは大前提として、その種類や配合率も大切になります。購入前にはパッケージや成分一覧をチェックしましょう。前方に記載されている程多く含まれているという意味なので、セラミドやコラーゲン等の潤い成分がどの位置にあるかを確認しておくようにしましょう。二つ目は肌に優しく、抵抗なく使えるものであるかどうかです。妊娠中の女性の体はとても敏感になっています。場合によっては赤ちゃんに影響を及ぼす可能性もあるので、この時期に使うものにはこだわることをおすすめします。化学合成成分や保存料等がなるべく使われていないものや、肌への刺激の少ないものを選ぶと良いでしょう。香りも重要なポイントです。つわりの時期は特にちょっとの臭いでも反応しやすくなりますし、妊娠中は普段と香りの好みも変わる傾向があります。無香料もしくは心地良いと感じられるようなものを使うと、ストレスを感じずにケアができます。名称だけで香りの合う合わないを判断するのは難しいので、実際に嗅いで確認できないのであれば無香料を選んでおくのが無難かもしれません。妊娠線予防のクリームやオイルを選ぶ上では、この二点に注意してみてください。